書籍の検索と注文 イタリア書房-JIMBOU 全ての記事 イタリア書房 本店 イタリア書房 フィレンツェ支店 お問い合わせ

Roberto Benigniの「Tutto Dante」

2006/07/27, 05:19

スタンディング・オベーションに応えるベニーニ  昨夜7月25日から始まったロベルト・ベニーニのダンテ朗読会「Roberto Benigni Tutto Dante」に、僕も行って来ました。ベニーニといえば「ライフ・イズ・ビューティフル」や「ピノッキオ」など、ぱたぱたと良く動く面白い人、という印象でしたから、彼のダンテ朗読っていったいどんな感じなのだろう?と興味津々で出かけました。
 この朗読会は神曲の地獄編から12編、天国編から1編を、13夜かけて聞こうというもの。場所はファザードの美しいサンタ・クローチェ教会の広場です。
 初日は約5000席が満席。教会の脇に立つダンテ像が舞台を見守る中、日暮れとともに会は始まりました。その日はちょうど我らがフィオレンティーナがセリエAに復帰を果たした日。開演前の座席はその話で持ちきりです。そして元気よく舞台に駆け上がってきたベニーニも、まずはフィオレンティーナの話に触れつつ、時事ネタで会場を沸かせます。その後徐々に神曲の解説に移行。彼独特の大きなジェスチャーと早口、汗をふきふき熱演です。
そして最後に朗読が始まりました。おしゃべり&解説のときとは明らかに違う、低く落ち着いた声で神曲を詠むベニーニは、なんだか別人に見えました。
 初日は地獄編第1章。人生半ばにしてダンテは深い森に迷い込み、はるか向こうの山の頂に希望の光を見つけてそこに足を向けようとしたけれど、獰猛な豹、ライオン、狼に行く手を阻まれ途方にくれる。その時、詩聖ヴェルギリウスが現れ、おびえるダンテを導き、まずは地獄へ、そして後に煉獄への案内役となるために歩き出す。。初回はここまででした。地獄の門のところが聞きたかったけれど、それは第2夜かな。
 フィレンツェを無念の思いで追放され、生涯帰ることができなかったダンテは、今やフィレンツェ市民の誇りです。どんな思いで天国から見ているのでしょうね。
 このTutto Danteは8月19日まで行われる予定です。

イタリア優勝!ワールドカップ

2006/07/10, 18:27

La Gazzetta dello Sport一面記事  眠いです。昨晩のフィレンツェはものすごいお祭り騒ぎで、大通り近くに住んでいる僕は夜の3時ごろまで眠れませんでした。だって、イタリアがサッカーで世界一になったんですから、しかたない!大渋滞している中でクラクションを鳴らし続けるのも、下着姿で車に箱乗りするのも、爆竹も打楽器の連打も大合唱も、ぜーんぶ許しちゃいます。TVではナポリやローマ、ミラノの町の様子が流れていましたが、いずこも同じですね。今回は準決勝の時の比ではない騒ぎなので、人が集まりそうなチェントロや広場には近づかないことにしました。それでも血が騒いでしまった僕は、ちょっと近所のポルタ・ロマーナまで行ってみました。ロータリーの中の芝生には老若男女入り乱れてイタリア国旗をひるがえしながら、外輪をまわる車と一緒に走っている姿が。。
 イタリアがワールドカップで優勝するのは1982年マドリッドで行われた西ドイツとの決勝以来です。実に24年ぶりのnumeri uno del mondo! 最後のPK戦はパーフェクトでしたものね。日本ではDel Piero選手が人気のようですが、イタリアでの一番人気はFabio Cannavaro選手です。彼の仕事は世界で一番ブラーボなんだそうです。今朝の新聞でも、Cannavaro選手が優勝カップを高く掲げた写真が一面に大きく取り上げられていました。前回の失敗を挽回するため、今朝は早めにエディーコラに走ったので、La Gazzetta dello Sportも何部か仕入れることが出来ました。金曜日あたりには神保町に届くと思いますので、ご希望の方は店頭でお求めくださいませ。

祝ワールドカップ決勝進出!

2006/07/06, 01:41

ミケランジェロ広場前の道路です 昨日のサッカー・ワールドカップ準決勝、イタリアが勝ちましたね。僕は夜8時45分には夕食も食べ終え、準備万端でスタンバイしていました。9時5分ほど前に国歌斉唱、それと同時に、窓の外からもイタリア国家を歌う生の声が聞こえてきました。テレビの前の人も歌うんですね。イタリアのゴールが惜しいところでそれるたびに、向かいのアパートから「オー!」「ノー!」と叫ぶ声が聞こえ、隣の家からも大勢で観戦している盛り上がった歓声と拍手が響くので、音はサラウンド状態。延長後半にイタリアがゴールを決めたときは、ご近所中大変な騒ぎでした。最後の最後で2点!イタリアって強かったんですね。サッカーにうとい僕でも、白熱してしまいました。
その後ミケランジェロ広場に繰り出したのですが、大通りはイタリア国旗をはためかせた車やスクーターがクラクションを鳴らしながら走って大混雑。ハコ乗りしている若者たちも多く、まるで暴走族の集会に迷い込んだような気分でした。ミケランジェロ広場では大型スクリーンを立てて観戦できるようにしていたようで、僕が着いたときには広場前の道に人が溢れ、通ろうとする車を取り囲んでは素手で揺らしたり、ボンネットに乗って国旗を振り回したり。揺らす人も車の中で揺らされている人も嬉しそうでしたが、見ている僕はちょっと怖かったかな。なんでも1982年以来の決勝進出だそうですね。嬉しくって大騒ぎしたくなるのも納得です。
そして今日は早速エディーコラ(街角の新聞・雑誌屋さん)にスポーツ新聞を買いに行き、Corriere della Sera, la Repubblica, La Nazioneなどを買いました。もちろん全紙一面から、昨日のワールドカップの記事、特に最初のゴールを決めたGrosso選手の写真が大きく扱われていました。3件まわったのに、一番の目当てのスポーツ新聞La Gazzetta dello Sportが売り切れていたのは残念でしたが。これらの新聞は来週の月曜日ころ神保町に届いている予定なので、ご興味のある方は店頭でお求めください。でもその頃には決勝が終わっていますね。イタリアが優勝していればいいなぁ!

東京国際ブックフェア2006

2006/07/05, 17:12

きたる7月6日(木)~9日(日)、東京ビックサイトにて第13回東京国際ブックフェアが開催されます。

弊社も、日本洋書協会主催の「洋書バーゲンコーナー」に出展いたします。
小説、美術書、児童書、語学書など、イタリア語・スペイン語・ポルトガル語の書籍を定価の約70%OFFにて販売!
今週末の東京はあいにく雨の予報ですが、たくさんのお客様のご来場を心よりお待ちしております。

日時:7月6日(木)~9日(日)
※一般公開は8日(土)9日(日)のみ
   10:00~18:00
会場:東京ビックサイト
入場料:1,200円

詳細は http://www.bookfair.jp にてご確認ください

- end -

Copyright 2005 ITALIA SHOBO / magiche!?