書籍の検索と注文 イタリア書房-JIMBOU 全ての記事 イタリア書房 本店 イタリア書房 フィレンツェ支店 お問い合わせ

年末年始のおしらせ

2006/12/27, 20:30

年末年始は、12月28日より1月8日まで休業いたします。
ご不便をおかけいたしますが宜しくお願い申し上げます。
皆様良いお年をお迎えください。

フランコ・ゼッフィレッリの自伝

2006/12/08, 00:13

クリスマス・バ-ジョンの僕の仲間もよろしく!  あっと言う間に12月。明日はマリア様が受胎された日、イタリアは休日です。そういえばレオナルド・ダ・ヴィンチの「受胎告知」が、ウフィツィ美術館から初めて海外に出るそうですね。それも行き先は日本!来年3月東京国立博物館で開催される「レオナルド・ダ・ヴィンチー天才の実像」で日本の皆さんも本物の「受胎告知」を見ることが出来ます。僕は一足先にフィレンツェで今開催されている同じ展覧会「La mente di Leonardo」を見に行く予定。後日報告しますね。
 さて本日の新聞を賑わせているのは、スカラ座の「アイーダ」です。今晩が初日。演出はオペラ演出の巨匠、フィレンツェ出身のフランコ・ゼッフィレッリです。彼の演出といえば、僕は何年も前にメトロポリタン・オペラで「トスカ」を観て感動したことを覚えています。彼の演出はよく「豪華絢爛」という言葉が使われるけれど、この演目では、とても繊細な色を使う人だと感じました。サンタンジェロ城のバックの空がゆっくりと夕焼けとなり夜になってゆく色と言ったら!
そして、11月末日に、ゼッフィレッリは自らの生涯を振り返る自伝を出版しました。「ラ・ボエーム」のようにロマンティックで、「アイーダ」のように驚きに満ちた展開があり、ハリウッド映画のように魅力的な彼の人生を、この本は余すところなく語っています。本のPR文句もしゃれていますよ。「フランコ・ゼッフィレッリの人生は、ことほどさように華麗なものであり、彼自身が監督を務めてきたのではないかと思われるほどである。」ですって!
 この自伝「Zeffirelli Autobiografia」は12月13日頃には神保町に届いていると思いますので、ご興味のある方はどうぞ、ごらんになってくださいね。イタリア書房だけのスペシャル・バージョン、天使とサンタのピノキオ君と共に、ご来店をお待ちしています。

- end -

Copyright 2005 ITALIA SHOBO / magiche!?