書籍の検索と注文 イタリア書房-JIMBOU 全ての記事 イタリア書房 本店 イタリア書房 フィレンツェ支店 お問い合わせ

イタリア書房創業50周年記念出版

2008/06/23, 17:27

ITS330212 林達夫・回想のイタリア旅行
著者:田之倉 稔
四六判 上製 254頁
定価1,890円(本体価格 1,800円 + 税5%)
ISBN: 978-4-900143-88-3
イタリア書房 6月発行
書店にない場合は直接ご注文ください。送料無料・代引にてお届けいたします。e-mail: info@italiashobo.co.jp FAX:03-3234-6469 

【毎日新聞「今週の本棚」に書評が掲載されました】
7月6日日曜日付毎日新聞「今週の本棚」で本書が紹介されました
渡辺保先生・評 『林達夫・回想のイタリア旅行』
◇思想家晩年の「人生の旅」、思索の時
【図書新聞2884号 (2008年9月6日)で紹介されました】
図書新聞2884号の一面に「田之倉稔氏に聞く『林達夫・回想のイタリア旅行』と題してインタビュー記事が掲載されました。
【読売新聞「本よみうり堂」に書評が掲載されました】
8月31日日曜日付読売新聞「本よみうり堂」に松山巖先生による書評が掲載されました
【図書新聞「2008年上半期読書アンケート」で選ばれました】
図書新聞「2008年上半期読書アンケート」で高橋英夫先生に紹介されました
【熊本日日新聞のコラムで紹介されました】
8月14日付熊本日日聞夕刊の平川祐弘先生筆「書物と私」で本書が紹介されました。
【各紙「新刊」で紹介されました】
7月18日付南日本新聞、7月24日付山陰中央新報「新刊」、7月27日日曜日付信濃毎日新聞朝刊「新刊」で本書が紹介されました

【店長より】
イタリア書房創業50周年記念出版として田之倉稔著「林達夫・回想のイタリア旅行」を出版する運びとなりました。
林達夫は1971年夏、74歳のとき初めてのイタリア旅行を決意します。
それは長年西欧精神を探求してきた知の巨人を新たに刺激する旅でもありました。
若き日に同行し影響を受けた著者が、この幸福なイタリア縦断自動車旅行を鮮やかに描き出します。底流には林先生への敬意や若々しい感動が感じられて心地よい読後感を与えてくれます。
小社発行の雑誌「イタリア図書」に1988年3月から時には間をあけながら20年近く好評連載された旅行記に、新原稿と遺族の所蔵する写真・絵葉書等貴重な新資料とともに単行本化しました。
「観光ってのはすばらしいネ」という林達夫の言葉にこの旅行の楽しさと大切さが伝わってきます。
林達夫を知る読者にとっては、私生活を人目に明かすことの少なかった知識人をより深く知ることができる本であり、また林達夫を知らない世代の読者にとっても、面白い読み物であり、イタリアを旅行する方々にも、良い参考書になると思っております。
私どもが長年温めてきた構想を実現することができました。広く多くの方々に読んでいただきたいと願っています。

まだまだあります。イタリアのかわいい絵本

2008/06/10, 23:47

L'isola del piccolo mostro Nero-Nero Come un pesce nel Diluvio  「小さなボローニャ・ブック・フェア」を神保町で開催予定ですが、さらに近日入荷予定の絵本をここに紹介します。どちらも、これまた僕のお気に入り&お勧めです。
“I’isola del Piccolo Mostro Nero-Nero” Davide Cali + Philip Giordano
小さな黒いおばけのネーロネーロは仲良しのこうもりネーラネーラと真っ黒島に住んでいます。彼の趣味は写真撮影。でも島の中で撮影しても、出来上がる写真はモノクロばかり。。「よし、撮影旅行に出よう!」ふたりは小さな船に乗って、色鮮やかな島を目指します。緑の島、赤い島、ピンクの島。思いがけない出来事ばかり起こるから、ネーロネーロは写真を取るのをすっかり忘れ――
愛嬌のあるネーロネーロと、機転の利いたネーラネーラ。二人が失敗をもとに、ほほえましい教訓を得てゆく、かわいらしい作品です。
“Come un pesce nel Diluvio”. Mia Lecomte + Andrea Rivola
地上には雨が降り続き、海の水は溢れ、地上の生き物は悲鳴を上げています。そう、「ノアの大洪水」が今まさに始まったのです。そんな地上はよそに、お魚たちは大喜び!なんと地球規模の「大舞踏会」を開催。イワシの老婆は張り切ってドレスアップ、ピラニアはミュージシャンに早がわり、カマスや蟹はパーティで一儲け、メカジキの将軍は聖戦を呼びかけ。。そんな中、一匹の小さな魚が上で困っている人たちに気がつきます。「ノアの箱舟」が転覆しかかっているのです!――-
ニモのような赤い小さなお魚が大活躍するお話し。ノアも箱舟もとっても現代的に描かれていて、イラストも楽しめる作品です。
 「ノアの箱舟」で思い出しましたが、今年のフィレンツェは5月からずっと雨ばかり降っています。まるで日本の梅雨が引っ越してきたみたい。今年のワインとオリーブ・オイルはどうなるのかな?ちょっと心配な今日この頃です。

- end -

Copyright 2005 ITALIA SHOBO / magiche!?