書籍の検索と注文 イタリア書房-JIMBOU 全ての記事 イタリア書房 本店 イタリア書房 フィレンツェ支店 お問い合わせ

まだまだあります。イタリアのかわいい絵本

2008/06/10, 23:47

L'isola del piccolo mostro Nero-Nero Come un pesce nel Diluvio  「小さなボローニャ・ブック・フェア」を神保町で開催予定ですが、さらに近日入荷予定の絵本をここに紹介します。どちらも、これまた僕のお気に入り&お勧めです。
“I’isola del Piccolo Mostro Nero-Nero” Davide Cali + Philip Giordano
小さな黒いおばけのネーロネーロは仲良しのこうもりネーラネーラと真っ黒島に住んでいます。彼の趣味は写真撮影。でも島の中で撮影しても、出来上がる写真はモノクロばかり。。「よし、撮影旅行に出よう!」ふたりは小さな船に乗って、色鮮やかな島を目指します。緑の島、赤い島、ピンクの島。思いがけない出来事ばかり起こるから、ネーロネーロは写真を取るのをすっかり忘れ――
愛嬌のあるネーロネーロと、機転の利いたネーラネーラ。二人が失敗をもとに、ほほえましい教訓を得てゆく、かわいらしい作品です。
“Come un pesce nel Diluvio”. Mia Lecomte + Andrea Rivola
地上には雨が降り続き、海の水は溢れ、地上の生き物は悲鳴を上げています。そう、「ノアの大洪水」が今まさに始まったのです。そんな地上はよそに、お魚たちは大喜び!なんと地球規模の「大舞踏会」を開催。イワシの老婆は張り切ってドレスアップ、ピラニアはミュージシャンに早がわり、カマスや蟹はパーティで一儲け、メカジキの将軍は聖戦を呼びかけ。。そんな中、一匹の小さな魚が上で困っている人たちに気がつきます。「ノアの箱舟」が転覆しかかっているのです!――-
ニモのような赤い小さなお魚が大活躍するお話し。ノアも箱舟もとっても現代的に描かれていて、イラストも楽しめる作品です。
 「ノアの箱舟」で思い出しましたが、今年のフィレンツェは5月からずっと雨ばかり降っています。まるで日本の梅雨が引っ越してきたみたい。今年のワインとオリーブ・オイルはどうなるのかな?ちょっと心配な今日この頃です。

- end -

Copyright 2005 ITALIA SHOBO / magiche!?