書籍の検索と注文 イタリア書房-JIMBOU 全ての記事 イタリア書房 本店 イタリア書房 フィレンツェ支店 お問い合わせ

フィレンツェのドゥオーモ広場が歩行者天国になりました

2009/11/07, 00:45

市民に配られたチラシ  10月25日(日)から、Piazza Duomo一帯が歩行者天国になりました。駅からドゥオーモの横を走るVia Cerretaniも大きな本屋さんがあるVia Martelliも、大聖堂近辺は通行止め。今、バスやタクシーは迂回して走っています。
おかげで僕たちはゆっくりとそぞろ歩きを楽しむことができるようになりました。フィレンツェ市からの挨拶も、「広場としての本来の姿、すなわち人のための空間として、美しさと静けさを取り戻します」と言っていました。たしかに、車を気にしないでゆっくりと安心して歩けるのはいいものですよね。
 さて、このドゥオーモ広場歩行者天国を記念して、10月25日(日)夜9時から、小澤征爾指揮、コムナーレのオーケストラとコーラスによるコンサートが開かれました。場所はドゥオーモの中、そしてなんと、無料!!
8時半から受付開始だったのですが、その頃はすでに長い長い列がVia Carzaiuoliまで伸びていていやな予感がしたのですが。。やっぱり、僕のずいぶん手前でドアは閉められてしまいました。しかし、入場できなかった人々のために、ドゥオーモの正面右側に大きなスクリーンとスピーカーが立ち、僕もそこで音楽を楽しむことが出来ました。
プログラムは、モーツァルト「アヴェ・ヴェルム・コルプス」、バッハ「G線上のアリア」、メンデルスゾーンのオラトリオ「エリヤ」から、序章と合唱(Nr.20, 34, 42)。大聖堂の中で行われるコンサートに、相応しい曲ばかり選曲されていました。
スクリーンに大写しになる小澤征爾さんの姿は本当に素敵でした!神に祈りを捧げるかのような表情で、フィレンツェのオーケストラから気品のある崇高な音を引き出していました。
コンサートが終わった後、出口近くにいたら小澤さんがそこを横切ってゆくではありませんか!汗で光ったおでことふり乱した白髪(失礼!)でにこにこと歩いて行く背中に「マエストロ!ありがとう!!」とお客さんが口々に声をかけていました。
とてもいい風景でしたよ。

- end -

Copyright 2005 ITALIA SHOBO / magiche!?