書籍の検索と注文 イタリア書房-JIMBOU 全ての記事 イタリア書房 本店 イタリア書房 フィレンツェ支店 お問い合わせ

とっておきの絵本を2冊ご紹介!

2011/06/14, 16:53

絵を食べるライオン 俺って王様?!考え込んでいるライオンの表情がキュートです  皆様、こんにちは。この2週間ばかり、イタリアも日本の梅雨並みに、連日、雨に降られていますが、この太陽と雨がめまぐるしく入れ替わる気候は、森のキノコの成長に最適なため、キノコ狩りをたしなむ人たちにとっては、まさしく恵みの雨。笑いが止まらないようです(毒キノコにあたったのかも?!)。

さて、ボローニャ・レポートでの予告通り、今回はライオンが主人公の絵本を紹介しましょう。

1)“Il leone mangiadisegni”(絵を食べるライオン)
 ≪子どもの描く絵が大好物のライオン。起き抜けに30枚、昼食に50枚、おやつに12枚、夕食に60枚…、食べる絵が無くなって、人を食べ始めたら大変と、子どもたちは毎日朝から晩まで絵を描き続ける破目になり、困り果てて一計を案じます。≫ 子どもたちが無理強いされて描いた絵はライオンにとって味気なく、飢えを満たすには足りません。やがて、ライオンも自ら絵を描くようになりますが、最初は少しくらい拙くても(不味くても)、子どもに褒めてもらって、次はもっと上手く(美味く)描こうと頑張ります。お絵描きの楽しさ、お絵描きを楽しむことの大切さがメッセージとなっているわけですが、“L’orso con la spada”(剣を持ったクマ)と同じ挿絵画家Gianluca Foli’による、カラフルなたてがみを持ったライオンの姿が実にユニークです。幼い子どもの描く色鮮やかな絵が、文字通り、血となり肉となっているわけですね。

2)“Io sono il re?!”(俺って王様?!)
 《森ではゴリラに馬鹿にされ、草原ではゾウにねじふせられる。俺って百獣の王…だよね?! アイデンティティの危機に立ち向かうライオンの物語。》 文と絵は1988年に挿絵画家部門でアンデルセン賞受賞暦のある実力派Daniele Nannini。自信をなくし、だんだん弱気になっていく、ライオンの言葉と表情が絶妙な筆致で描かれています。衝撃のラストシーンで泣くか笑うかは、あなた次第。是非、神保町本店でお手に取ってご覧ください。

いずれの作品においても、もはやジャングル大帝のような、王者の絶対の自信と風格は過去のものとなり、現代を生きるライオンたちは、それなりに苦労を重ね、自己能力の限界を意識しながら、涙ぐましい努力を続けているようです。頑張るライオンたちを皆で応援しましょう!

- end -

Copyright 2005 ITALIA SHOBO / magiche!?